設立趣旨

私たちFBIは、特定非営利法人として新たな期待を担い、大きな一歩を踏み出します。
FBIの活動は、平成15年6月に警察署のご指導の下、長者町・福富町の企業が中心となり民間交番を設立したことに始まります。そして、日々のパトロール活動をはじめ、早朝の清掃活動や違法駐車車両の警察署への通報など、日頃から地域の浄化・防犯意識を高める、安全・安心な街づくりを目指して活動してまいりました。
横浜市中区長者町及び福富町地域は、昭和20年代以降横浜市内はもとより、神奈川県内においても最大の歓楽街を形成し、今日も飲食店や風俗店が多数営業しています。また、暴力団関係者や不法滞在外国人をはじめ、酔客等による各種犯罪、違法な客引き、喧嘩等のトラブルや駐車違反車が多発するエリアでもあり、さらに当地周辺は小学校の通学路にもあたります。
当地域で生活を営む方々や子供を持つご家庭が安心して生活できることはもちろん、この地へ訪れるお客様にも安心して飲食や買い物を楽しみ、遊べる街になることこそ、地元地域の願いでもあるのです。今日では、会員からの会費や協力金・協賛金を元に、神奈川県警察、伊勢佐木警察署そして町内会の協力を得ながら長者町・福富町周辺に防犯カメラの設置も進め、微力ながら地域防犯の一翼も担っております。
特定非営利活動法人として、FBIはスタッフ自らもこれまで以上に責任感・使命感を認識し、会員や地域住民だけでなく、警察や町内会の協力を頂きながら、長者町・福富町周辺の安心で安全な街づくりを目指して、さらに積極的に活動を継続していきたいと考えております。

平成27年5月
特定非営利活動法人(NPO)FBI